東京ドキュメンタリー映画祭2018

上映作品

短編部門

日本では上映機会の少ない60分以内の短編作品25本をテーマ別にセレクト。社会派、アート、セルフドキュメント、フェイク…ボーダレスな“現在”をあらわすプログラム!

特別作品・招待作品

1964年のオリンピック直前の東京を、記録映画の巨匠・土本典昭が捉えた作品に加え、東日本大震災による原発事故後の福島を描いた2本の作品を特別に上映します。

特集 映像人類学の冒険

記録映画の発展と共に捉えられた世界の記録を、人類学の観点から振り返るプログラム。西表島の秘祭やバリ島の伝統行事、エチオピアの音楽など、貴重映像を多数上映!