東京ドキュメンタリー映画祭2020

ニュース

2022.02.20
東京ドキュメンタリー映画祭2022 作品募集!


「長編コンペティション」60分以上の作品
「短編・中編コンペティション」60分以内の作品
「人類学・民俗映像部門」120分以内の作品
主催:neoneo編集室
プログラム・ディレクター 金子遊 佐藤寛朗
顧問 矢田部吉彦

募集要項
【参加資格】 不問。年齢、国籍、性別、個人、グループ、プロ・アマを問わず。

【参加費・出品料】 無料

【募集内容】次の応募条件を満たすものであれば、誰でも応募できるものとする

・2021年1月1日以降に完成した作品であること(人類学・民俗映像部門は、2018年1月以降に完成した作品)
・作品に使用した映像、写真、音楽などの著作権について必要な手続きを済ませること
・製作者がドキュメンタリーを意図した作品であること
・作品のフォーマットは問わないが、ビデオかデジタルで上映可能なもの
・テレビ番組の場合は、2回程度の上映に必要な上映権を持つもの
・海外作品や日本語以外の言語で製作された作品は、必ず日本語の字幕をつけること
・DVDで応募する場合はリージョンコード2、またはリージョンフリーにすること

募集期間:2022年2月15日〜6月30日

【提出物】
・ フォームまたはメールに記入すること
作品タイトル、分数、監督名、提出者の名前、住所、電話番号、メールアドレス、「長編部門」「短篇・中編部門」「人類学・民俗映像部門」のいずれかを明記の上、フォームまたはメールで応募して下さい。受領後、エントリー番号をお知らせします。
・動画へのオンラインリンク、またはDVD/ブルーレイ

応募用フォーム https://bit.ly/3Hvwb44

 上記のフォームか、メールと一緒に動画への視聴用リンク(youtubeやvimeoのアドレス)を貼ってください。または、下記の映画祭事務局までDVD/ブルーレイを郵送して下さい(メールやオンライン・ストレージによる動画ファイルの送信はご遠慮下さい)

【選考・発表について】
・応募作品の中から短篇部門、長編部門のコンペティションの入選作品を選考します。
・入選作品は、「東京ドキュメンタリー映画祭2022」(2022年度の冬に開催予定)において上映します。
・ 各部門の「グランプリ」「準グランプリ」「観客賞」には、賞金や記念品が授与されます。

【著作権の扱い】
・著作権はつくり手に帰属します
・応募された作品は、東京と大阪の映画祭で各2回程度上映する権利を、映画祭事務局が有します
・受賞作や話題になった作品は、動画配信サービス「アジアンドキュメンタリーズ」や「エトノスシネマ」の配信作品に推薦する場合があります

【主催】 ドキュメンタリーマガジンneoneo編集室

【問合先】〒155-0031 東京都世田谷区北沢4−4−8-2A 「東京ドキュメンタリー映画祭」事務局
メール: tdff.neoneo@gmail.com

2021.12.18
無事終了しました/受賞作品一覧

おかげさまで「東京ドキュメンタリー映画祭2021」は無事終了いたしました。期間中は1400人以上のお客様にお越しいただき盛況で、特に最終日は満席が続き、入場できなかったお客様にはご迷惑をおかけいたしました。まだまだコロナの先行きが不透明な中で連日足をお運びいただいたお客様、出品いただいた監督や作品関係者の皆様、審査員や協賛団体の皆様など、この映画祭を盛り上げてくださった全ての方々に改めて感謝を申し上げます。一人でも多くの皆様にドキュメンタリーの魅力が伝わり、また来年、新たな作品を携えてこの映画祭でお会いできると幸いです。

ありがとうございました。

<受賞作品一覧>

長編部門コンペティション
グランプリ  『Yokosuka 1953』木川剛志監督
準グランプリ   『大鹿村から吹くパラム』金明允
監督
観客賞      『大鹿村から吹くパラム』金明允監督

短編部門コンペティション
グランプリ  『地図になき、故郷からの声』中島夏樹監督
準グランプリ 『東京リトルネロ』
       松井至監督、内山直樹監督、久保田徹監督
奨励賞    『ワン・デイ』ジン・ジャン監督 
観客賞    『ブラジル ノ ニッポン〜ある家族の記録〜』
                        
若尾泰之監督

人類学・民俗映像部門コンペティション
グランプリ(宮本馨太郎賞)
『銀鏡 SHIROMI』赤阪友昭監督 
準グランプリ 『アイヌプリ埋葬・二〇一九・トエペツコタン』
        藤野知明監督 

奨励賞      『風苗』白井樹監督

2021.12.09
「人類学・民俗映像」部門、受賞作決定!

「人類学・民俗映像」部門のコンペティションでは、下記のとおり「宮本馨太郎賞」の受賞作を決定しました。映画祭開催に先がけて、先行発表いたします。

グランプリ(宮本馨太郎賞) 記念品と賞金10万円
『銀鏡 SHIROMI』赤阪友昭監督 

準グランプリ 記念品と賞金5万円
『アイヌプリ埋葬・二〇一九・トエペツコタン』藤野知明監督 

奨励賞 記念品と賞金3万円
『風苗』白井樹監督 

審査員 中沢新一(思想家・人類学者)
    北村皆雄(ドキュメンタリー映画監督)

受賞作の上映は12/16(木)に行います。審査員による講評は、12/17(金)17:20からケイズシネマで開催する受賞式で行います。どなたでも無料で入場や取材が可能です。

2021.11.18
批評ワークショップ、参加者募集!

「東京ドキュメンタリー映画祭2021」では、批評ワークショップを開催します。参加者を若干名募集します。プロの映画ライターによる講座とサポートを経て、WEBマガジンにレビュー記事を掲載すること目指します。

①メールで映画祭事務局まで、メールでお名前と連絡先を知らせる。
②映画祭事務局からメールでお返事。
③映画祭前に、プロの映画ライターによる無料のオンライン講座を受講。
事務局から前売券(無料)を受け取り、12/11-17の映画祭期間中に1本以上の作品を観賞(交通費支給)
④締め切りまでにレビュー記事を執筆し、編集者による修正やリライトなどを経て、ドキュメンタリーマガジンneoneoへの掲載を目指します。

お問い合わせ&お申し込み 
募集は11/30締め切りです
映画祭事務局 tdff.neoneo@gmail.com

2021.11.04
東京ドキュメンタリー映画祭2021の予告編が完成しました!

東京ドキュメンタリー映画祭2021の予告編が完成いたしました。
こちらより視聴いただけます。
映画祭は12/11(土)-17(金)新宿ケイズシネマで開催されます。
多彩なドキュメンタリーのプログラムを、ぜひ会場にてお楽しみください!

https://www.youtube.com/watch?v=fS8d4P3f_9I

2021.10.19
東京ドキュメンタリー映画祭2021のHP開設

東京ドキュメンタリー映画祭2021のHPを開設しました。
12/11(土)〜12/17(金)新宿K's Cinemaにて開催します。

  • 芸術文化振興基金
  • 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
  • エトノスシネマ
  • アジアンドキュメンタリーズ